妖精時間

カテゴリー  [ ピアノ ]

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習してる曲

2017/01/10 19:16 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit



ガーゴイルが吠えているようなところがあって、魔除けなので救いを求めて弾いています。
まだはじめたばかりで、間違えてばかりで、失礼します。
スポンサーサイト

ピアノレッスンに行ってきました

2016/09/09 07:17 ジャンル:台風、ピアノレッスン、携帯電話、ワルツOp.18、ショ Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

昨日はピアノレッスンに行ってきました。台風のなか、『電車が止まるかも...?』と心配でいつもよりひと電車はやく
最寄り駅で乗りました。スコールみたいな雨の中歩くのは大変なので、雨が降ってない間を見て行ったのです。
先生も気にされていたようで連絡先の確認などしましたが、これからは出るギリギリまでPCでメールチェックしないと。まぁ、台風の時くらいなものですが。それに、携帯はどこへおいたかしまったかいつものことですが、不携帯状態なので、こちらから℡はかけることが年に1回あるかないか....。(苦笑

ところでレッスンないようですがショパンワルツOp.18、これは長い曲で後半まだまだ。実際は通してまだまだ〜。
それからべ−トーヴェンのロンド、有名な曲なのできちんと見てゆきたいのですがこれも、長い曲で1/3ほど見て戴きました。なかなか弾くのに乗り気でなかったため、数回しか弾いてなくて不出来でした。


オシャレしてピアノを弾きます

2016/04/30 16:47 ジャンル:イヤリング Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

イヤリング

久しぶりにつけたイヤリング
これまで痛いからとしていなかったけれど、髪をショートにしたのでつけてみました。
5月末には市内のホールでショパンのノクターンOp.9-2を弾きます。
GWはちょっとオシャレして練習してみます。

#ゴールデンウィークの思い出

ショパンノクターン19番

2013/06/13 09:22 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

ショパンのノクターンも第1番、第9番、と来て今は19番を弾いています。
第19番72−1はホ短調の曲です。暗いけれどダイナミックな所、トリルの素敵な所、半音階的になるところなど聴かせどころがたくさん盛り込まれています。

転調もあります。

ショパンが17歳のときの作曲になるもので、これほどの作品を作曲できるというのは天才としかいいようがありません。

すっかりショパンに取り憑かれてしまっている私です。

レッスンの時先生にこう言ってしまいました。

「もう少しだけこの曲を弾いていたいのです」

モーツァルトの時にはすぐに2、3度で曲を仕上げて、別の曲へ移行していたのですが、この曲には底知れぬ魔力があるのです。内面的に、17歳にしか書けないものがあると私には感じるのです。


それというのも最近、17歳の頃一緒だった仲間と一緒に過ごしたせいかも知れません。


ショパンにいろんなことを話しかけ、また返事が返ってくることを信じて私はこの曲を弾いてみたいと思います。

ピアニストって一種霊媒のようなものではありません?


聴いてみてね

2013/02/14 16:13 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

http://blog-imgs-50.fc2.com/e/x/p/expulsion909/chopin32-1.mid
聴けましたか?

ピアノ発表会に向けて

2011/05/18 16:08 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

ピアノ発表会もあと残すところ10日ほどとなりました。
なのに今日はまるきり練習してなくて、昨日も一昨日も庭の掃除や犬の散歩に明け暮れる始末。
家の掃除、洗濯、料理と全部やっても家の人は私がピアノを弾いていることすら気づこうとしません。
休みの日も車に乗せてあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
ピアノの先生のお家でもそうらしいです。年の離れたダンナ様は、ピアノをお稽古ごとのひとつとしか考えてないようなのです。芸術的なこととは考えていないというのもおかしなことです。
日本では職人気質の人たちが圧倒的に多くて、職人ならいいけど、芸術家は困るという風潮が未だにあるようです。芸術家を志し、ピアノを弾いているというと、何やら怪し気な胡散臭気な眼つきで見られ、モラルに欠けているように思われるのは甚だ不愉快です。そのように解釈すること自体、ふざけています。
 理解のない世間に冷ややかな視線を浴びせられながらも、一所懸命がんばるしかありません。
ですから、本来ならこんなことを書いてる場合ではないのですが.....1ヶ月以上ブログを更新してないと広告が入ってしまうので、それを消すのには書くしかないということなので書くわけです。
 後で練習の成果をUPしたいと思います。

年末はバッハを弾いています♪

2010/12/28 15:29 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(3) Edit

年末はバッハを弾いています。しかし、楽譜が全音のしか見当たらない。大掃除してヘンレ版が出て来るといいのですが.....。2声のインベンションです。

画像は大掃除中に見つかった、トックリ蜂の巣です。

とくとご覧くださいませ。
P1030756.jpg


ピアノ・ぴあの・ピアノ......お酒....バレンタインに

2010/02/10 18:47 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

みんなの情報サイトねっとでお取り寄せしました。今朝、近くのコンビニへ取りに行きました。
これでバレンタインデーの準備は整いました。


P1010735.jpg


実物大ピアノと比べますと、この大きさです。

P1010734.jpg

ピアノレッスンK.394

2009/10/29 17:49 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

先週の金曜日にマンモグラフィーの精密検査、腫瘍部分を特別に角度を変えて、形がよくわかるように写し、11月10日に聖マリアンナ医科大の先生が穿刺してくださるという予約をとってきました。その後1週間ほどで腫瘍の詳しい状況がわかるようです。
 

 もしも私にピアノを弾く時間というものがなかったなら、モーツァルトに出逢わなかったら、そのことばかり考えて、生きる力も失せていたかもしれません。しかし、このK394にめぐり逢えて、その音の連なりの美しさに心を動かされながら、弾いていると宇宙的な時空間の広がりの中に、吸い込まれてゆくようのです。
そのことを先生にいうと
「あなたは、そう感じるのね」
弾き方については右手が強過ぎて、左手が聴こえにくかったりするのだけど、この曲の場合はどちらも聴こえないといけない。右と左ではまったく別の音のつらなりなのだけど、共鳴しあうように聴こえなければいけない。(46~50小節まで。ヘンレ版MOZART Urtext Klavierstückeによる)
 とても不思議な曲だ。バロック的でありながら、バッハやヘンデルなどとはまったく違う自由な発想のファンタジアなのだ。天才だからといってしまえばそれまでだけど、この最初から最後までこのように展開するプレリュードというものを聞いたことがない。
 凡才は最初から最後まで同じ調子ということありがちですが。


みんなの情報サイト

最近、毎朝聴いている曲....♪...その理由とは....?

2009/09/23 08:36 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

最近、毎朝聴いている曲......毎朝、音楽を聴きながら朝食を作るのが日課になっている。
まぁ、ピアノをはじめた当初はMOZARTだったわけだが、次第にピアノレッスンのことから離れて日常聴くものはその時の気分で決めるようになっていた。少し前まではチェロ協奏曲だったりした。今はなぜか、グールドの弾くバッハ、ゴルドベルク変奏曲。これが、朝の忙しいキッチンでは意外な効果を魅せるのだった。
 最初と最後にアリアがあって、これがまたなんともいえない良さでもある。
ピアノの音が嫌いな人でも、このアリアにはうっとりしてしまうのではないだろうか?
そうそう、トマス・ハリス描くTHE SILENCE OF THE LAMBSでもグールドの演奏のこの曲が使われているのは食事のシーンのあたりだったはずだ。「苦しみと時間を超える美しい音楽が明るい檻と係官のいる部屋を満たした」そうだ、かれはレアのラム・チョップスを注文したのだった。多分、本を読まずに映画だけ観ていたので、今原作を読んで演奏者がグールドだということがわかった。その擦り込みがあったのだろう。映画というのは実にわたしの生活に影響を少なかれ与えていたのではないか?.....ちょっと驚くようなことだった。

ステーキ


みんなの情報サイト


フォーレを弾いていた♪(無言歌第3番)

2009/09/21 14:52 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

3MID
以前、ある声楽を勉強されていた方から、ピアノの音にはあまり魅力を感じない。
やはり、人間の肉声ほど心を揺さぶられないということを聴いた。だからなのか、ピアノ演奏をあまり聴きたくはないようだった。素人の演奏では耳の肥えている人なら、辞退するのも最もかと思い、それ以上は誘わなかったのだが。
 聴く人によっては騒音であると、ピアノメーカーの注意書きにも書かれていてそれは尤もだと思うのである。しかし、感情をぶつけるのはどうかと思うが、感情をこめてフォーレの無言歌第3番を歌わせるように弾くということを、念頭に練習してみた。
 まだまだ途上ですが、.....どなたかの君の努力は買うがね。やめておいたほうがいいかも。そんな声が聴こえないでもないけど。
人生を諦めて、似非批評家で、まぁ、仲間内には笑われながらも適当にお茶を濁してるのも悪くはないと思うけど....。

まだまだですけど、よかったらどうぞ。(絶対期待しないでくださいね。途中で止まっています。)
3MID






まだまだ完成にはほど遠いフォーレ第3番!!

2009/09/20 08:56 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

ファイル名に筆禍あってしまいました。ピリオドやスラッシュはNGということなので、急遽、ひらがなでふぉーれにしました。

ふぉーれ

まだmだ完成にはほど遠いです。
また、きょうも練習します♪

フォーレ無言歌第3番を弾く...2回目

2009/09/17 16:35 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

今日はフォーレの無言歌第3番のレッスン2回目。
「前よりよくなったわね。でも、ココが....。(と、先生は「ポリフォニックの所をきれいに聴こえるように」、と強調する)「もう1回やってきてね」
フォーレのこの曲はイリーナ・メジューエアが弾いていて、とてもきれいな曲だと思っていた。昨日、ずっと弾いていて、やはり、もう少し完成度を高めたいと(いえ、完成までは、大変な道のりがあるし、どうひっくり返っても完成などしませんけどね、とてもとても)思っていたので、納得したのだった。急ぐ必要もないし、この曲は弾きたいと思っていたので。その後もフォーレのシシリエンヌ、これがぜひとも、やっておきたい曲のリストに入っている。
 急に意欲的になってきたのは、秋という季節のなせる業なのか?

今練習してます、フォーレ第3番♪

2009/09/15 15:04 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

四苦八苦してますね。Crucifixionが苦しい演奏してます♪
最近、小説のことばかり考えていたからなぁ~(苦しい言い訳です....笑


フォーレ無言歌3番

フォーレを弾く一回目

2009/09/10 20:29 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

今日のピアノレッスン、フォーレ....無言歌第3番
ポリフォニックなところを重点的にさらうこと。
不協和音が出て来るけど、それに慣れること。(モーツァルトのソナタにも出て来ますね)
一回目でもうやめたくなったけど、もう一回くらいやって来なさいということなので、もう少しやります。早くモーツァルトに取りかかりたいのですが。(毎日弾かずにはいられません)
スケール嬰ト短調、旋律と和声。これがなかなか覚えられません。

第809回「時間が経つのが早いと思う時」

2009/09/08 19:55 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(6) Edit

ピアノを大人になってから初めて5年目。講師養成講座に入ったものの、2度の試験に不合格となり、自分でもそんな程度かな?などと思うのだが、勉強不足で、遅過ぎた出発に何度もリタイアを考えつつ、今に至っています。試験日と教室の年1回の発表会とが重なってしまうので、どちらにも出たい私は二兎を追い、どちらのウサギも手に入れることができていないのです。人生、結果よりも過程が大切。試験官は無慈悲な月の女王というわけです。
 そんなわけで、あまりは好きでないのです。かといって、太陽が好きか?と聞かれれば、nonといわざるをえないでしょう。しいていえば冷たい水のなかの太陽が好きかもしれませんね。
 毎日恐ろしいことばかり考えずともすむように、キルターからピアニストになりたいと、必死です。(プロということは考えてもいません)
 ピアノを再び習いはじめる前に考えたことですが、死ぬ瞬間までしていたいのは、ピアノを弾くことでした。弾きたい曲が山程あって、時間に限りのあるのが残念でなりません。
 もし、私をもっと別なもので惹きよせるものがあったとしたら、それに出逢いたい気もしますが......。あっという間の4年間が過ぎて行ったのは、好きな物に熱中していたからでしょうね。

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「時間が経つのが早いと感じる時」です。

最近、時間が経つのが早いと感じる水谷です。
小学生の頃は、とっても、時間がゆったりだったのに対して
今は、小学生の頃の何十倍ものスピードで、時間が過ぎている気がします。

特に20歳を超えてからは、急激に早く感じます。
21歳になった時は、20歳の頃の倍のスピードで
22...
第809回「時間が経つのが早いと思う時」


私の手

2009/09/05 16:45 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

私の手。小指が短いので、指遣いには苦労してます。3連のringお気に入りです。天然石入り。カジュアルなのでジーンズに合わせてます。

ringの手

ピアノレッスンの方向性

2009/09/03 17:25 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit


 週に一度のレッスンとあって、短い時間(30分間)に先生に聞きたいことなどあらかじめ用意している。今日は弾きたい曲候補として「アイネ.クライネ・ナハトムジーク」の楽譜を持って行った。先生に最初の方だけ弾いていただいた。弦楽の曲なので、ピアノだと寂しい。これはやめることにした。しっとりした曲の方がいいかな~?フォーレの小品かメンデルスゾーンか歌曲風なピアノ曲をやりたいという意向を告げておいた。深まりゆく秋なので、芸術的に時間を過ごしたいなどと贅沢をいっているわたしなのである。
 

グレン・グールドを聴く♪

2009/09/02 07:16 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

バッハ:平均律クラヴィーア曲集バッハ:平均律クラヴィーア曲集
(2004/11/17)
グールド(グレン)

商品詳細を見る
バッハを聴きたくなる秋である。何か深みを増すような気分になりたいと思うのは木の実が熟するのと似た気分という感じかも。音楽を聴くことで滋養を得ようとするわけだ。シリアスな映画によく使われるバッハの曲であるが、名作揃いなのでいかにもと言う気もする。クラシックの音楽の原点ともいうべきものか。
 今朝はグールドの「ゴルトベルク変奏曲』「平均率クラヴィーア曲集」を聴いていた。モーツァルトの音のつながりとは違って、プチプチ切れる感じが心地よい。たしかにモーツァルトのソナタを弾くときと、バッハの曲を弾くときとでは脳の感じる部分が位置的に違うような感覚を味わうのだ。バッハは難しいと、担当の先生からいわれているし、ロマン派から入った私にしてみれば、古典派の次はバロックへ進みたい所なのだが、足踏み状態なのである。

MOZART PIANO SONATA K.333

2009/08/22 17:50 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

とても魅せられる曲である。とりわけ、第1楽章と第3楽章に目は釘付けになっていた。いや、耳は......というべきなのだろう。第2楽章にも注目すべき点はあるのだが。カデンツァつきのソナタ、きらびやかな音の連なり、第3楽章にはデュルニッツやプロイセン女王のためのソナタに通じるものがある。今日もまた、ついついこの曲を弾いてしまうのだった。魔力である。

piano lesson

2009/08/06 15:54 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

毎週一回のレッスン、電車に2度乗り継いで横浜まで通っています。今まで横浜へ行くのはデパートへ行く事くらいでした。ヨドバシカメラに必ずよってPCの消耗品なども買います。先週と同じ内容です。根気がないと続かないと思いました。よほどpianoが好きでないと。何度も間違いを注意され、正しくその場で直せればいいのですが、指遣いなど間違って覚えていると、クセがついてしまっているので、すぐには直せません。これまではわりと好きなように好きな曲を選んで弾いていましたが、試験を受けるとなると、偏ってばかりはいられません。スケールもツェルニー30番かからはじめて、40番、ハノン、そしてスケール集と、同じ事を繰り返し繰り返しやっています。試験用に問題集、課題曲集も買って、隅から隅まで丁寧におさらいするので、勉強しないわけにはいきません。コールユーブンゲンも腹式呼吸で、そのやり方をきょうも習いました。先生は「私のお腹にさわってみて」とおっしゃったので、よくわかりました。これまで、逆だったんです。吸う時に声を出してました。出ないはずです。歌う時にお腹が凹むのです。

舞曲ばかり

2009/08/05 18:47 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

楽譜を見て気に入ったものを弾くわけだが、ブーレにしろシシリエンヌにしろ、舞曲ばかりなのである。先生から勧められた本「音楽家を志す人のための楽典」(菊池有恒著、音楽之友社)によるとp213に器楽曲の形式?・舞曲[dance (music)英]
「器楽曲の発達に重要な役割をはたしたものに舞曲がある。舞曲は、舞踏の伴奏音楽を意味するが、舞曲のもっている特徴あるrhythmや形態を保ちながら演奏会用の楽曲として造られた作品をも意味している。」
[2拍子の舞曲]
Bourree(仏)17世紀フランスの舞曲。Auftakt[弱起]で書かれ、tempoは活発で速い。17世紀後半から18世紀初頭にかけて、古典組曲に挿入された事がある。
[6拍子の舞曲]
Siciliana(伊)17・8世紀にイタリアのシチリア島に発生した農民の舞曲で、6/8か12/8
のなだらかな、ゆっくりした付点rhythmのmelodyに特徴があり抒情的である。rondo形式で分散和音の伴奏がつき、性格は異なるがpastoraleと似ている。
pastorale...牧歌、ちょっと思い出せないな、どんな曲があるのか。ブーレは速く弾くんだ、そういってた。先生も。他にもいろいろな舞曲があるから、弾きながら覚えてゆかないと。

明日はピアノレッスン

2009/08/05 16:27 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

明日はピアノレッスン。課題曲以外を弾いていたので、ちょっと心配になった。この季節は気が緩みがち。なにせ暑いのだから、ダレがち。しかし、何とかスケールも頭に入れて、指がすべらかに動くように。それが、B♭minorになると、指遣い間違えていた事に気づいて困った。Bachのブーレ、カバレフスキーのソナチネ、シューーマンのはじめてのかなしみ....。メニュー的には前回と同じ。前回よりも下手になっていたら!!そう思うと...(よけいな事を思わない事にしよう)P1000047.jpg

原智恵子さんの演奏を聴いて

2009/08/01 20:32 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

いつもピアノのレッスンの前の待ち時間にご一緒する年配のご婦人がいらっしゃる。もしも、その方とお話しすることがなかったら、あるいはピアノを習い続けていなかったかもしれなかった。その方の優しさ、そして音楽に対する興味ほかお話しを聞く事で、それが楽しみで、決して楽しいばかりではないレッスン(実は苦しみの方が多かった)を続けてこられた。その方の主治医であるお医者様から戦前のピアニスト原智恵子さんの事を書かれた本を紹介されたという。私はその本の帯をいただいて、書店に行き在庫がなかったので取り寄せてもらう事にした。
原智恵子 伝説のピアニスト (ベスト新書)原智恵子 伝説のピアニスト (ベスト新書)
(2001/11)
石川 康子

商品詳細を見る
その本をぜひ読みたかったのは、その前にCDを購入していたからである。CDジャケットのレトロな原智恵子さんの写真は猫を抱いているもので、とても気になっていたからである。そのCDにはショパンのコンチェルトの1番とドビュッシーの組曲「子どもの領分」が入っていた。私が発表会で弾いたクープランの「修道尼モニカ」のも別のCDだが原さんの演奏を聴いてぜひ、弾いてみたいと思ったのだった。
伝説のピアニスト伝説のピアニスト
(2002/10/19)
原智恵子

商品詳細を見る
パリの原智恵子パリの原智恵子
(2004/10/20)
原智恵子

商品詳細を見る
アンコール・アルバムアンコール・アルバム
(1997/12/20)
カサド(ガスパール)

商品詳細を見る

 もちろん有名なチェリストのカサドが夫君であり、お二人の演奏はとても息があってすばらしかった。今、このような伝説のピアニストの演奏を聴ける事は感慨深いし、またとても胸躍ることで、ピアニスト必聴のCDでお勧めしたい。

ピアノレッスン行ってきました

2009/07/30 16:35 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

いろいろとコメントの書き込みありがとうございます。ときどき記憶をなくすクセがあります。お名前とか忘れてしまい、ご迷惑かけています。おいおい覚えてゆけると思いますので、(なにぶん、妖精時間のことゆえ、他の人から見たら、非常識だと思われるやもしれません。お許しくださいね。寛大なお気持ちで、コメ入れてくださるとうれしいです)今日はピアノレッスン行ってきました。なので、私、少しばかり神経質なので先生に聞いてしまいました。「ブログでシューマンの「こどもの情景」を弾かれている方がコメ入れてくださったのですが、先生の教え子さんで、今されてる方、いらっしゃいますか?」気になったものですから。「それはないわ」「なぜか、わたしのこと、知ってるような感じなんですけど....」
 帰ってきたら、コメ入っていました。その方のログにコメ入れた私、その方がピアノを弾かれるという事を知りませんでした。
 それから、いつもの待ち時間にご一緒する女性の方がいらっしゃらなかったので(タクシーが捕まらなかったそうです)一人寂しく、ロビーでグランドピアノの蓋の役割などのビデオを見たりしていました。それから、レッスンが始まりました。バッハのブーレは音を切って(ただし、スタッカートではなく)右がスラーがついていたり、するのに左は切って、またその逆だったり、アーティキュレーションにも注意しなくてはならなかったりして、もっと良く丁寧にみてくるようにとのことでした。シューマンの「初めての哀しみ」これも、哀しみなのだから、うれしそうにスタッカートしてはいけないとか、弱拍で始まるので、「ン、タ」などと入れるように。そして、最後の方の重音ですがアクセントつけながら、しっかりと鳴るようにということでした。
最後のカバレフスキーのソナチネ、だいたい良かったですが、指遣い、違ってるとこ、気をつけるように。とのことでした。帰りに楽譜屋へ寄って、見つけました。フォーレの「シシリエンヌ」タイムリーでしたので、練習の合間の息抜きに弾いてみます。

カバレフスキーのソナチネ

2009/07/24 18:19 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

練習の成果をUPします。まだまだこれからですね。KABALEVSKY.mid

シューマンを弾く時、先生とかわす会話

2009/07/24 13:10 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

アシュケナージの弾く「ピアノ協奏曲 イ短調作品54」もいいと思いつつ、
課題曲のシューベルトのワルツがどうもうまくゆきそうにないので、代わりにシューマンの曲でもいいということなので、そちらにしようかなどと思っている。
シューマンの曲をそれほど弾いたわけではないけど、短くていい曲がたくさんある。
しかし、ソナチネ以来、ピアノを習うのを辞めてしまったわたしは、ロマン派の作品をこどものころ、まったく弾いた事がなかったのである。それほど練習をしたことがなかった。ピアノを習っているといっても、一日に30分も弾いていたのだろうか?疑問である。
 ほとんど、初見で弾いていたのではなかったか?
親もしかたなく習わせていた感じがするし、とにかく親がわたしに何かを期待した事はなく、その点では気が楽だった。
 「次はシューマンをやりますか?」
そういう会話になると
「わたし、これまであんまりシューマンってやったことがないんです。(ほんとはショパンもシューベルトも。ベートーヴェン!!「エリーゼのために」ならやったけど、ふつう、ロマン派っていえば、ショパンとかシューマンですよね。ピアノを弾く人がやりたい曲っていったらこういうものですよね、たいがい。一緒に習っていた女の子たちは、お友達も、皆こういう曲を弾いていました)」
「あ、そう。」
「シューマン弾くと、気分が変になる?ってわけじゃないですけど」
「中にはいるわよね、シューマンの曲弾くと、変になりそうっていうひと。わたしはならないけどね」
ま、おとなになって習いはじめるまで、空白の期間30年以上あったので、ベートーヴェンは避けてきたし(ハ短調の曲が多いから)、精神に異常をきたしたというシューマンもできれば、弾かない方がいいのではないのかと、文学少女的傾向があったわたしは勝手に思っていたものだった。(実は実力がないので、どの曲も難しかったのだ。そして、モーツァルトに至ってはかなりの勘違いをしていた。易しいと思い込んでいたのだ。それに、頭が良くなるとか、病気をしないとか、...なんとかきいていたので。....ほとんど聞きかじりの知識であるが)やっと、どうにかモーツァルトへの熱も冷めてきて、こんどはシューベルトにちょっとしたアレルギーを感じているのである。(笑
 シューマンの曲を聴いていると、優しさが感じられて、クララとの熱愛もわかるような気がして、若い頃、シューマンの曲を弾いていたら、幸せな結婚生活が送れたのかもしれないなどと回想するのであった。

BACH...ブーレBWV831

2009/07/23 08:52 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(0) Edit

これからレッスンへ行ってきます。その前に練習の成果をUP.繰り返しが多くなってしまった。BACH.mid

バッハの曲って短調が多くないですか?

2009/07/22 12:31 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(4) Edit

課題曲の中から選ぶのだが、最初に選んだのと、2度目に選んだのとではすべて違った。
やはり、練習するからには、と、好みの曲を選んだら、次のようになった。
J.S.バッハ:ブーレ(「フランス式序曲」からBWV831)
F.シューベルト:2つのワルツ「36の独創的舞曲」Op9.3&4
D.B.カバレフスキー:ソナチネ「30の子どものための小品から」Op.27

バッハのこの曲は2拍子の踊りの曲だが、ロ短調にもかかわらず、口ずさみたくなる曲である。ついつい唱ってしまうのはなぜだろうか?グレン・グールドもバッハを弾く時、唱っていたっけ。それからバッハの曲って短調が多くありませんか?そんなような気がします。
シューベルトのこの曲も楽しい曲です。カバレフスキー、はずむようなこの感じがいいですね。どの曲も素敵な曲ばかり。

検定試験!!

2009/07/22 09:32 ジャンル: Category:ピアノ
TB(0) | CM(2) Edit

大人になってから(大人になってる?ということにしておきましょう)ピアノをはじめて5年目。4回、発表会に出た。そして、今や、先生から勧められて英国王立音楽検定というのを受けるべく、練習を開始した。
グレード4がいいでしょうということなのですが、とても難しそうである。
受けるのは来年くらいから。まずは、試験勉強をしなくてはならない。実技中心なのであるが、今まで考えてもみなかっただけに、自信はなく、ただ挑戦する事に意義があると思っているのである。腕は磨き続けなければ、衰えてしまう。自分の実力を試す良い機会だと思う。英国王立検定

FC2ブログランキング
プロフィール

ナナ

Author:ナナ
不思議時空間へようこそ♪
30年間余の空白の時間を超えて、再びピアノのレッスンを受ける事になりました。
 FC2にて小説を書いています。
よろしくお願いします。



ブログランキング参加中!blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
    follow me on Twitter
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧
    あし@
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。