妖精時間

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスを支配した美女 公妃ディアヌ・ド・ポワチエ

2009/10/04 13:10 ジャンル: Category:読書
TB(0) | CM(0) Edit

ちょうどSさんのブログでブロワ城のことを取り上げていらしたので、関連して、再読してみました。桐生操さんの(二人の女性の共著、ペンネームですが)「フランスを支配した美女 公妃ディアヌ・ド・ポワチエ」これはとても面白い本です。ブロワ城は「7人のフランス王と9人の王妃が住んだお城。16世紀のルネッサンス様式の傑作と言われる螺旋階段やカトリーヌ・ド・メディシスの書斎、寝室、ギーズ公暗殺の部屋など。」と少し検索すればでてきますが、その舞台となったフランスの王室の内情とはどういったものだったでしょうか?それが素人にも簡単に気軽に娯楽的にも楽しめる本です。

フランスを支配した美女―公妃ディアヌ・ド・ポワチエ (桐生操文庫)

ところで、ディアヌとはいったいどんな女性だったのだろうか?
「フランソワ1世と、その息子アンリ2世という二人の国王の、相次いで寵姫だったと想像することは、彼女を憎悪する人にとっても崇拝する人にとっても、同様に好ましいことだったのに違いない。前者はディアヌを父と子を同時に籠絡した淫乱で邪悪な女として貶める。後者はディアヌを、二人の国王を支配した運命の美女として崇拝する。 伝説の中の美女、相次いで二人の君主に愛された絶世の美女.....これは事実か伝説か?未だもって謎である。」(88ページ)
みんなの情報サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

FC2ブログランキング
プロフィール

ナナ

Author:ナナ
不思議時空間へようこそ♪
30年間余の空白の時間を超えて、再びピアノのレッスンを受ける事になりました。
 FC2にて小説を書いています。
よろしくお願いします。



ブログランキング参加中!blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
    follow me on Twitter
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧
    あし@
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。