妖精時間

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治・大正時代の音楽用語の傑作集

2009/10/15 18:54 ジャンル: Category:音楽
TB(0) | CM(0) Edit

明治から大正時代にかけての音楽輸入時代には日本語表記に苦労したらしい。たとえば
ピアノ=洋琴
オルガン=風琴
アコーディオン=手風琴

それから1896年(明治29)「同声会春期演奏会」プログラムでは作曲者の名前に敬称がついている
シューベルト氏作「死と娘」
バハ氏作コンサルト
ヘイデン氏作絃楽四部合奏(ハイドン)
モザート氏作ラーゲトー
ビートーベン氏作ムーンライトソナタ

亜麻毛の少女
激情的ソナタ
共同射的、名射の隠士(ウェーバーの<魔弾の射手>)

幽霊船劇和蘭人漂流の歌(ワーグナーの<さまよえるオランダ人>)
又芳(グノーの<サフォー>)
舞踏要求(ウェーバーの<舞踏への誘い>)
花やもめ(レハールの<メリー・ウィドウ>)

(以上、「クラシック音楽歳時記366日の音楽史 千蔵八郎著 春秋社刊より)

この本には音楽家及び音楽関係に興味のある人が読んで面白い事柄が毎日、楽しめるようになっています。わたしも気晴らしにこれを読んでいます。

クラシック音楽歳時記―366日の音楽史クラシック音楽歳時記―366日の音楽史
(2003/12/01)
千蔵 八郎

商品詳細を見る

みんなの情報サイト
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

FC2ブログランキング
プロフィール

ナナ

Author:ナナ
不思議時空間へようこそ♪
30年間余の空白の時間を超えて、再びピアノのレッスンを受ける事になりました。
 FC2にて小説を書いています。
よろしくお願いします。



ブログランキング参加中!blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
    follow me on Twitter
    ブロとも申請フォーム
    ブロとも一覧
    あし@
    フリーエリア
    フリーエリア
    検索フォーム
    QRコード
    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。